ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

【千葉vs金沢】プレビュー:厳しいマークでサイド攻撃を封じて失点を阻止し、粘り強く人とボールが動いて攻める

2019年11月02日 17:17 by akanuma_keiko

第35節・山形戦で1-4の大敗を喫し、続く第36節・長崎戦は2-0と無失点勝利を挙げて迎えた第37節・柏戦は消極的な攻守が大きく影響して0-3と完敗した千葉。江尻篤彦は前節(第38節・山口戦)に向けての10月24日の囲み取材で、来季につなげるためにも残り5試合でチームに根付かせたいことを問われると、「1失点は仕方がない部分は当然、サッカーの中ではあると思うので、やはり1点以上の失点はしたくない」と話した。だが、ボールを持つ相手選手に対する寄せの甘さ、佐藤優也の前に飛び込んできた相手選手の動きの影響もあって、7分と早い時間にあっさりと失点。それでも11分にアラン ピニェイロのクロスボールからクレーベが同点ゴールを奪い、65分には米倉恒貴のクロスボールをクレーベが落としたのを受けて、アラン ピニェイロが今季初得点でその時点の逆転ゴールを奪取した。しかし、決して守備の人数が足りていないわけでもないにも関わらず、マークの受け渡しやマークの厳しさに問題があって、80分、88分と連続失点。勝てる試合ではあったし、最低でも引き分けるべき試合で、2-3と非常に悔しい敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「最後に勝つことを見せられなかった。そこが自分の中で一番悔しかった」

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)