ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

本田功輝選手「まずは今年デビューしたいので、最後の最後まで(出場を)狙っています」

2019年11月08日 11:10 by akanuma_keiko

【写真】今季は1試合だけベンチ入りがあっただけの本田功輝だが、「まずは今年デビューしたいので、最後の最後まで(出場を)狙っています。これだけ若い時にここまで怪我をしても、将来、活躍できるんだぞという成功例になれたらという新しい目標ができた」と語った。

●本田功輝選手:
Q:今季は1試合(第34節・岡山戦)、ベンチに入ったあと、いろいろなチーム事情があってベンチ入りができていませんが、トレーニングを見ているといつも100パーセントでやられています。そのあたりの気持ちのほうはいかがですか。
「1回ベンチに入って、そこから入れていないですけど、それでもまずJデビューするということを目標にしているので、その目標に向かってぶれていないので、少しでも早くフクアリでだったりで自分がプレーしている姿を見せられればなというふうに思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】試合後の選手コメント:為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】試合後の選手コメント:為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)