ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

江尻篤彦監督「僕の中では1点は仕方なくても、2点目の失点をしないで、こちらが2点目を取るかというところにゲームプランを立てなければいけない」

2019年11月01日 19:32 by akanuma_keiko

【写真】選手が2つのグループに分かれ、コート内は5対5にフリーマン1人、コート外に2人という構成で行なった攻守のトレーニングで、選手を見る位置を変えながら指示を出す江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:

Q:勝つのはなかなか難しいですね。(J2残留確定に近づくための勝点の)あと3ポイントがなかなか取れないですね。
「そうですね。これが宿命ですから、何とか取るようにしなければいけないなと思っていますけど、簡単じゃないというか、今のチーム状況も含めてですね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【栃木戦直前レポート】江尻篤彦監督「(佐藤)勇人の現役最後の試合をサポーターの方々は応援に来てくれる。来年につながるように最後はいいゲームにしてほしい」

【栃木戦直前レポート】江尻篤彦監督「(佐藤)勇人の現役最後の試合をサポーターの方々は応援に来てくれる。来年につながるように最後はいいゲームにしてほしい」

【無料掲載】11/13練習の様子(6枚)

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都戦直前レポート】攻撃は『大外』と『裏』を忘れずに意識して狙い、2度追いも入れながらタイトに守る

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)