ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

2019年11月04日 17:41 by akanuma_keiko

複数失点の試合が続いていた中、セットプレーでの悔やまれる失点があったものの、今節の千葉は失点を1に抑えて2-1と勝ちきった。金沢の攻撃のスタイルを考え、前からのプレスは積極的には行なわず、ロングボールの対応とセカンドボール奪取を意識した守備のポジショニングが奏功。失点シーン以外に流れの中からの危ない場面も複数あったが、複数失点を喫した試合に比べれば、局面での体の張り方やこぼれ球への反応も少しは改善され、特にペナルティエリア内で守備の人数は足りているにもかかわらず、相手選手を完全にフリーにしてしまうことは減った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

川又堅碁選手「いろいろと感慨深いゴールでした」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)