ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

新井一耀選手「本当に全員がしっかりとコンパクトにして中を閉じてできていた」下平匠選手「今日ぐらい落ち着いてボールを回せるところがあれば、もっと自分たちのやりたいことが出るんじゃないかなと思う」

2019年11月03日 18:14 by akanuma_keiko

●新井一耀選手

Q:今日の試合では、新井選手やエベルト選手からシンプルにクレーベへのパスだったり、サイドのスペースに出てくるサイドハーフにだったりといういいロングパスが出ていましたし、お2人がタイミングを見てボールを持ち出すプレーがあったので、先ほど記者会見で江尻篤彦監督に質問したら「自分の指示ではなくて、選手がうまく判断してやってくれました」というような答えでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

川又堅碁選手「いろいろと感慨深いゴールでした」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)