ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:選手起用と攻守の変化など監督の采配が奏功し、第32節以来のホームゲームでの勝利

【金沢戦直前レポート】攻守両面で『背後』とマークを意識しながら、サイドチェンジをうまく使って得点する

2019年11月01日 19:27 by akanuma_keiko

10月の最後の日だというのに、天気がよかったことでトレーニングが終わる頃には陽射しが強くなり、気温も高くなって暑くなった。選手のトレーニングウェア姿を見ると、ほとんどの選手が長袖で、半袖でも長袖のアンダーウェアを着用していた。だが、気温の上昇に加えて、カウンター攻撃の攻守、マンマークでの攻守などハードなメニューが多かったこともあり、トレーニングが終わる頃には長袖を肘の上あたりまでまくっている選手が複数いた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)