ジェフ便り

【千葉vs福岡】レポート:福岡の守備の甘さと決定力不足にも助けられ、狙いの攻守を体現して3-0の快勝

【千葉vs福岡】プレビュー:流動性のある攻撃で弱点を突いて得点し、マークを怠らずに体を張って失点を防ぐ

2019年07月19日 17:03 by akanuma_keiko

 

江尻篤彦監督が就任してから3バックを採用していたのが、4バックに戻して2試合目の前節(第22節)・岐阜戦の千葉。堀米勇輝が何度も左サイドに回りこむなど自由に動き、選手が流動性のあるポジショニングで攻めたことと、岐阜の前からのプレッシャーがそれほど厳しくなかったこともあり、千葉はいい形で攻めて決定機を多く作った。だが、4分に先制したのは岐阜で、警戒すべき前田遼一に対する千葉のマークが甘く、第20節・町田戦、第21節・徳島戦と似た形でペナルティエリアの中央の手前のゾーンからシュートを決められて失点。前節は、町田戦や徳島戦のようにサイドからのクロスボールではなく、ペナルティエリアに入ったところでもなかったが、位置としてはほぼ同じだった。52分の失点シーンはCKからだったが、結局、似たような位置からミドルシュートを決められている。結局、町田戦と徳島戦で出ていた守備の問題点を改善できていないということだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)