ジェフ便り

【千葉vs福岡】レポート:福岡の守備の甘さと決定力不足にも助けられ、狙いの攻守を体現して3-0の快勝

クレーベ選手「なかなか決まらなくて、ちょっとイライラしたところもあったんですけど、最後にはシュートが入って本当によかったです」

2019年07月20日 22:20 by akanuma_keiko

●クレーベ選手:
Q:クレーベ選手は54分のゴールの前に3回、決定的なヘディングシュートがあってGKにセーブされていました。
「相手のGKがもう本当によかったんじゃないかなと思います。なかなか決まらなくて、ちょっとイライラしたところもあったんですけど、最後にはシュートが入って本当によかったです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)