ジェフ便り

【千葉vs福岡】レポート:福岡の守備の甘さと決定力不足にも助けられ、狙いの攻守を体現して3-0の快勝

【福岡戦直前レポート】江尻篤彦監督「相手がどこであれ、我々の強みをもっと出すということが、後半戦の大きなテーマになってくる」

2019年07月17日 15:43 by akanuma_keiko

【写真】攻守の切り替えをテーマとしたミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、ゲームとゲームの間に選手に指示やアドバイスの言葉をかけていた江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:
Q:前節(第22節・岐阜戦)の試合後に「次につながるゲームだったと」お話しされていましたが、いいところが長い時間見られたのかなと思います。改めて、そのあたりについてはいかがですか。
「トレーニングでやったことがよく出ていたかなと思います。だからといって(勝点が)1でオッケーなわけはないので、すごく残念なゲームだったなと改めて(試合の映像の)ビデオを見返しても、本当にホームでやったような形は持っていけたかなとは思っていたので、非常に残念なゲームだったというのは率直な感想ですね。でも、今はそういうふうに頭を下げてもいけないと思うので、顔を上げて、最後に(2-2に)追いついてくれたのは選手が維持を出してくれたと思っているので、その点はポジティブに捉えて福岡戦に臨みたいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)