ジェフ便り

【千葉vs福岡】レポート:福岡の守備の甘さと決定力不足にも助けられ、狙いの攻守を体現して3-0の快勝

安田理大選手「まず勝点3を積んで、流れを良くして、いい雰囲気でやればみんなできると思うから、そうなるように頑張っていきたい」

2019年07月19日 11:41 by akanuma_keiko

【写真】最終的には佐藤寿人のゴールになった前節(第22節・岐阜戦)のシュートについて、安田理大は「寿人さんが触ってなかったら入ってなかったし、自分のゴールになるよりも日本を代表する一流のFWの寿人さんをアシストできてよかった」と話した。

●安田理大選手:
Q:前節(第22節・岐阜戦)の最後のゴールシーンは、最終的に佐藤寿人選手の得点になりましたが、安田選手があそこで積極的にシュートを打ったのは、江尻篤彦監督やコーチから「ひと仕事してこい」と言われたのもあるとは思いますが、やはり何としても追いつきたいし、勝ちきりたいという思いがあって…。
「まあ、そうですね。何かこう前で仕事をできたらいいなと思っていたから、あそこにポジションを取っていたと思うし、結果、あそこにボールが来て、ラッキーっちゃラッキーやねんけど、やっぱりそういうところにボールが来るっていうのが、(プロサッカー選手として)10年以上やれている引き(=勝負事の運のよさ)やと思うよ」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

江尻篤彦監督「本当にやっている、いい選手を使っていきたいなと思うし、トレーニングでもきっちりやっているヤツが(試合に)出て行く」

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【大宮戦直前レポート】パスコースを限定させてボールを奪い、素早い攻守の切り替えでシュートを狙う

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)