ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

2018年11月18日 18:27 by akanuma_keiko

佐藤優也のビッグセーブ連発で今季初の3試合連続無失点とはなったが、最後まで『1点』が遠い試合だった。フアン エスナイデル監督のチーム戦術で攻撃のポイントとなるサイドを、相手が5バック気味にしてスペースを消してきた時にどのように崩してゴールに結びつけるのか。完全に崩せないまでも、どんな形でもいいから『1点』をもぎ取れるのか。今季の千葉にとって、最終節までずっと課題のままでいたものを改めて突きつけられた一戦となった。6度目のチャレンジだった3連勝を達成できず、千葉は前節(第41節)終了時の13位から14位に後退。クラブとしては、2016年シーズンの11位というJ2での最低順位を、さらに3つも落とす最下位記録更新で2018年シーズンを終えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)