ジェフ便り

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

矢田旭選手「ああいうのをこじ開けて行かないと来年もまた厳しい戦いになる」

2018年11月17日 19:19 by akanuma_keiko

●矢田旭選手:
Q:今日はサイドに展開すると栃木が厚めに人をかけてきて、やはりちょっと苦しい展開だったと思うのですが、そのあたりはやっていてどうでしたか。
「そうですね。もうちょっと中をうまく使えたら、もう少しシュートまで簡単に行けたのかなとも思うんですけど、でもまあ実際、ああいうふうに引いた相手っていうのはなかなか難しくて、しっかり(守備の組織が)整っていたし、ラインもそんなに高くもなく裏のスペースもケアされながらだったとは思うんですけど、でもホント、ボールは持てたし、危ないピンチっていうのもそんなに作られたわけでもないし。もちろんPKとはあったけど。うーん、まあ、でも、ああいうのをこじ開けて行かないと来年もまた厳しい戦いになるのかなとも思うので。はい、また頑張りたいなと思います」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

佐藤寿人選手「もっと相手が嫌がることを、その場面、その場面でもっと考えて動いて行く必要がある」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

乾貴哉選手「後半の早い段階で足が攣ってしまって、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)