ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:あとわずかの精度不足とサポート不足でゴールを奪えず、試合終了間際の失点で敗れる

【水戸vs千葉】レポート:あとわずかの精度不足とサポート不足でゴールを奪えず、試合終了間際の失点で敗れる

2018年08月19日 23:30 by akanuma_keiko

第21節・栃木戦以来の無失点で試合を終えられそうな雰囲気が漂い始めた矢先だった。千葉にとっては自陣の右サイドでの水戸のスローイン。水戸の左サイドバックのジエゴのロングスローはそれまでも試合中にあり、無失点を目指す千葉はペナルティエリアに人数をかけて守っていた。ロングスローのボールの飛んだ先、ややニア寄りに入った水戸の伊藤槙人とバティスタを3人がマークに行き、溝渕雄志がヘディングでクリア。だが、ロングスローのボールがクリアされた時、そのクリアボールが飛んだところにいた水戸の伊藤涼太郎はノーマークになっていた。千葉の選手は急いでシュートブロックに行くものの間に合わず、90分、フリーになっていたとはいえ伊藤涼は落ち着いてボールを胸でトラップするとシュートを打つ。複数の千葉の選手の間を縫うようにうまく転がって行ったボールは、セーブしようとした佐藤優也の手の先で左隅にゴールイン。ゴールをカバーする意識が高い溝渕はヘディングでのクリア後、下がって行ってはいたもののゴールエリアまでは戻れず、ゴールエリアにいたのは佐藤優1人だけだった。前回対戦(第2節)と同様にスコアレスドローで終わるかと思われた試合は、アディショナルタイムに入る直前に水戸が先制。その後、千葉はセットプレーの場面では佐藤優までゴール前に上がり、同点ゴールを奪いに行ったが、ノーゴールで試合終了。千葉にとって今季のJ2リーグ戦では3試合目の無得点試合で0-1の敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【琉球vs千葉】プレビュー:球際で競り勝って多彩な琉球の攻撃を封じ、後半戦で巻き返すために勝ちきりたい一戦

【琉球vs千葉】レポート: ペナルティエリアでの粘り強い守備で反撃に耐え、虎の子の1点を守り切って勝つ

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

【千葉vs山口】レポート:優位だった前半に工夫を欠いて得点できず、プランどおりに戦った山口に1-2で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)