ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:あとわずかの精度不足とサポート不足でゴールを奪えず、試合終了間際の失点で敗れる

【無料掲載】8/16練習の様子(写真7枚)

2018年08月17日 19:13 by akanuma_keiko

トレーニングのウォーミングアップでダッシュをするフィールドプレーヤーたち。

アジリティの要素のある障害物競走のようなフィジカルトレーニングで、ビブスを着て脱ぐという最初の課題をやった船山貴之だが、その後、この課題はなくなった。

 

鳥カゴ(ボール回し)で佐藤勇人がコントロールしようとするボールをカットしようとする鬼役の指宿洋史。

鳥カゴ(ボール回し)でパスをカットされ、鬼役となったラリベイと増嶋竜也が鬼役の選手が持つピンクのビブスを受け取って、別のグループの場所へ走って行こうとしていた。

船山貴之がシュートを狙うのを為田大貴が止めようとするも止めきれずにゴールイン。このあと、為田はピッチに腹這いになるように倒れ込んで悔しがっていた。

ミニゲーム形式のトレーニングでコートを移動する時、話しながら歩いていた鳥海晃司と下平匠は歩調も足の動きもピッタリと合っていた。

強風の中でのトレーニングだったこともあり、ジョギングしている選手たちは風でゴミなどが目に入らないようにうつむき気味の者が多く、髪の毛は風でかなりなびいていた。

関連記事

尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

鈴木大輔選手「(愛媛は)ハードワークしてくるなと。スペースに走ってくる選手が多いというのは印象的だったので、そこに対して僕たちがどういう守備をするかは大事になる」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

大槻周平選手「(愛媛は)前線からけっこう守備をしてくるというところがあるので、そういったところを裏返せればチャンスになるのかなと思います」

【愛媛戦直前レポート】尹晶煥監督「守備のところについて言いながら、攻撃のところにも(トレーニングで)さらに少し力を入れました」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)