ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:あとわずかの精度不足とサポート不足でゴールを奪えず、試合終了間際の失点で敗れる

工藤浩平選手「パス&ゴーのようなトレーニングも増えてきているし、そういうところで結果を出したい。ゴールも狙っています」

2018年08月17日 22:49 by akanuma_keiko

【写真】前節(第28節・町田戦)は後半開始時に交代して悔しい思いをした工藤浩平は、前から厳しくプレスをかける水戸との対戦に向けて「パス&ゴーのようなトレーニングも増えてきているし、そういうところで結果を出したい。ゴールも狙っています」と笑顔を見せた。

●工藤浩平選手:
Q:前節(第28節・町田戦)は、前半もフィニッシュに行けていないわけではなかったですが、全体的にはちょっとリズムをつかみきれなかったような展開だったのかなと思うのですが、そのあたりはやっていて何か難しいところというのはありましたか。
「まあ、相手もシンプルに裏を狙ってきているところで、うちも相手の(ディフェンス)ラインの高いところの裏を狙いすぎたというか、まあ、それでチャンスもできていましたけど、もうちょい僕を含めて全員、…何て言うんですかね、食いつかせるパスだったり、ま、ショートパス、ショートパスっていう言い方はあれですね、なんかもっとこうつなぐところはつないでっていうそのメリハリというか、どっちも織り交ぜればよかったかなと思いますけどね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

増嶋竜也選手「しっかりと守備をすればチャンスは来ると思うので、(失点を)ゼロに抑えたいなと思います」

【金沢戦直前レポート】増嶋竜也選手「しっかりと守備をすればチャンスは来ると思うので、(失点を)ゼロに抑えたいなと思います」+小島秀仁

小島秀仁選手「最初は中への一発の勝負のパスだったり、危険なエリアへの侵入だったりというのを意識しながら、バランスを見てサイドも使いながらという攻撃ができたら」

【金沢戦直前レポート】増嶋竜也選手「しっかりと守備をすればチャンスは来ると思うので、(失点を)ゼロに抑えたいなと思います」+小島秀仁

尹晶煥監督「お互いにどちらかの集中力が切れるか、切れないかが勝負の分かれ目だと思う」

【千葉vs町田】レポート:前節で改善されたレベルの守備を維持し、攻撃はバリエーション増加もスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)