ジェフ便り

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

【長崎vs千葉】プレビュー:4連勝で2位と波に乗る長崎に勝つには、攻守で泥臭く粘り強く戦うことが必要条件

2017年09月25日 16:12 by akanuma_keiko

水戸と対戦した前節(第33節)は、前半終了間際の42分に矢田旭、後半開始早々の50分に為田大貴と、シーズン途中に期限付き移籍で加入した2人の移籍後初ゴールで優位に立った千葉。だが、70分には清武功暉のバックパスを水戸の前田大然に奪われ、前に出てきたルイス オヘーダがかわされてしまって失点。『3点目』を奪って相手に止めを刺すことができず、その点では課題が残ったものの2-1で勝ちきり、6試合ぶりに勝点3を獲得した。第32節終了時点では勝点差1で千葉よりも上位にいた水戸を抜き、前節終了時点で順位を13位から11位に上げて、J1昇格プレーオフ進出圏内の6位の名古屋とは勝点差6という位置にいる。とはいえ、残りの試合数が9試合となり、勝ち続けなければ苦しい状況にいることは変わりがない。心身ともにハードな試合を戦いきることが求められる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

キム ボムヨン選手「力をしっかりと入れて、もっと前から戦いたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

為田大貴選手「スペースがいっぱいあったので、仕掛けることをすごく意識できる状況にありました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)