ジェフ便り

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

2017年09月25日 16:53 by akanuma_keiko

千葉にとっては悪夢といえる瞬間だった。1-1のスコアで6分と表示されたアディショナルタイムは間もなく6分になろうとしていた。キム ボムヨンが自分の頭で触ったボールを必死に追ってクリアし、CKにはせずにスローインにする。アディショナルタイムが6分を過ぎたところで、長崎は翁長聖がロングスローをゴール前へ入れた。長崎はゴール前中央のファンマがファーサイドへヘディングでボールを送ると、ファーサイドのポストの近くにいた山本真希が防ごうとするのも及ばず、田上大地がヘディングで折り返す。そのボールを受けた乾大知が厳しくマークされることもなくヘディングシュートすると、無情にもボールはゴールマウスに入って、千葉は土壇場で失点。そして、千葉のキックオフで試合が再開した直後に試合終了を告げるホイッスルが吹かれ、千葉は1-2で敗れた。


今節の千葉は2-1と競り勝った前節(第33節・水戸戦)とまったく同じスタメンで臨んだ。一方、長崎は前節(第33節・大分戦)のスタメンから3人変更。3バックの中央でプレーする髙杉亮太は前節の終盤に足が攣って状態が万全ではないことから、そのポジションに田代真一が入った。そして、ダブルボランチの一角を養父雄仁から前田悠佑に、右ウイングバックを福田健介から飯尾竜太朗に代えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

キム ボムヨン選手「力をしっかりと入れて、もっと前から戦いたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

為田大貴選手「スペースがいっぱいあったので、仕掛けることをすごく意識できる状況にありました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)