ジェフ便り

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

フアン エスナイデル監督「安定感が発揮できればできるほどチームはよくなりますし、今はそこにフォーカスをしています」

2017年09月23日 18:43 by akanuma_keiko

【写真】紅白戦形式の戦術練習でプレーの再開を告げるホイッスルを吹くフアン エスナイデル監督。

●フアン エスナイデル監督:
Q:前節(第33節・水戸戦)では、後半の途中から多々良敦斗選手がアンカーを務めましたが、選手にはやはり複数のポジションができることを求めていきたいと考えていらっしゃるのでしょうか。
「いろんなポジションをこなせればこなせるほどいいですよね」

Q:実際に公式戦でのプレーを監督の目からご覧になって、多々良選手のプレーの評価はどうだったのでしょうか。
「よかったと思いますし、要求したことは全てやってくれました。あのポジションでやる条件が整っていますし、だからこそ彼をそこで使ったということです」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

近藤直也選手「この新チームでまず90分、公式戦のような試合をどういうふうにやれるかっていうところを確認したい」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

増嶋竜也選手「徐々に、徐々に、迷いながらっていうよりかはスムーズに動いてきているのかなという感じがします」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

矢田旭選手「しっかりチャレンジャーとして挑んでいきたい」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)