ジェフ便り

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

フアン エスナイデル監督「安定感が発揮できればできるほどチームはよくなりますし、今はそこにフォーカスをしています」

2017年09月23日 18:43 by akanuma_keiko

【写真】紅白戦形式の戦術練習でプレーの再開を告げるホイッスルを吹くフアン エスナイデル監督。

●フアン エスナイデル監督:
Q:前節(第33節・水戸戦)では、後半の途中から多々良敦斗選手がアンカーを務めましたが、選手にはやはり複数のポジションができることを求めていきたいと考えていらっしゃるのでしょうか。
「いろんなポジションをこなせればこなせるほどいいですよね」

Q:実際に公式戦でのプレーを監督の目からご覧になって、多々良選手のプレーの評価はどうだったのでしょうか。
「よかったと思いますし、要求したことは全てやってくれました。あのポジションでやる条件が整っていますし、だからこそ彼をそこで使ったということです」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

三つ巴ならぬ四つ巴のバトル。【無料掲載】6/14練習の様子(写真7枚)

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

佐藤勇人選手「ピッチに立つチャンスがあれば、うまいとか見ていて気持ちいいプレーとかではなく、全身で表現できるようなプレーをしたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

近藤直也選手「(岡本昌弘選手との対戦は)楽しみですよ。ユースの時から対戦していましたからね」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)