ジェフ便り

【群馬vs千葉】レポート:猛攻を仕掛けるもクロスやシュートの精度を欠き、群馬に少ない決定機を決められて敗戦

プレビュー:J2残留に必死な群馬を上回る勝利への執念、的確な状況判断で勝点3を持ち帰りたい

2017年09月10日 12:59 by akanuma_keiko

第30節終了時点で6位の東京Vと対戦した前節(第31節)の千葉。前半は思うように攻撃ができなかったため決定機が作れなかったが、主導権を握っていたはずの東京Vの決定機は2回だけで、それもルイス オヘーダが好セーブで失点を阻止した。修正を図って臨んだ後半は51分にラリベイがこぼれ球をうまくシュートして先制したが、56分、千葉陣内の左サイドからの攻撃でドウグラス ヴィエイラをフリーにするミスもあって失点。さらに62分、ドウグラス ヴィエイラがディフェンスラインの裏へのパスを受けて飛び出すのに近藤直也と若狭大志が挟むように並走していたが、ペナルティエリアの外に出てきたルイス オヘーダのヘディングのクリアは小さく、クリアボールを拾った梶川諒太に見事なループシュートを決められて逆転された。すると、フアン エスナイデル監督は3トップの右サイドでスタメン出場していたホルヘ サリーナスに代えて大久保裕樹を入れ、4バックから3バックに変更。穴のないようにしっかり守りつつ、両サイドバックの山本真希と乾貴哉をウイングバックとして高い位置に置いて反撃した。71分、矢田旭のCKがファーサイドに流れたのを山本真が折り返すと、それを拾った矢田が入れたクロスから大久保がヘディングシュートで千葉加入後初得点となる同点ゴールをゲット。その勢いのまま逆転したかった千葉だが、互いにその後の決定機をモノにできずに2-2で引き分けた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

キム ボムヨン選手「力をしっかりと入れて、もっと前から戦いたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

為田大貴選手「スペースがいっぱいあったので、仕掛けることをすごく意識できる状況にありました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)