ジェフ便り

【群馬vs千葉】レポート:猛攻を仕掛けるもクロスやシュートの精度を欠き、群馬に少ない決定機を決められて敗戦

矢田旭選手「(ハーフタイムを待たずに)もっと早く修正したい」

2017年09月09日 20:14 by akanuma_keiko

【写真】練習後のファンサービスを終え、笑顔を見せながら歩いていた矢田旭。前節(第31節・東京V戦)ではクロスで大久保裕樹の同点ゴールをアシストした。

●矢田旭選手:
Q:前節(第31節・東京V戦)の大久保裕樹選手の同点ゴールは、矢田選手のCKが相手にクリアされてファーサイドへ行って、それを拾った山本真希選手のクロスが流れてきたのを矢田選手が拾って入れたクロスからでした。もちろんCKからの一発で得点になればよかったと思いますが、あれは相手を左右に揺さぶる意識があってああいう感じになったのですか。
「あれはCKのあとの流れの中でまたクロスボールがこぼれてきて、意図したものじゃなかったんです。でも、普段はサイドで狙っていて、あの位置に行けばやっぱりチャンスが増えるし、相手は守りにくいしっていう部分で、サイドを意識していたので、そこの部分で1対1になったら仕掛けようかなと思っていたところで、そういう形で取れたのはよかったのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【直前レポート】マイボールではよりよい状況判断とプレーの選択で、ボールを失うミスをなくす

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

【無料】9/22練習の様子(写真7枚)

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

フアン エスナイデル監督「安定感が発揮できればできるほどチームはよくなりますし、今はそこにフォーカスをしています」

【長崎vs千葉】レポート:修正を図った後半に追いつくも、試合終了直前のロングスローからの失点で競り負ける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)