ジェフ便り

【群馬vs千葉】レポート:猛攻を仕掛けるもクロスやシュートの精度を欠き、群馬に少ない決定機を決められて敗戦

ルイスオヘーダ選手「前節はいい手応えをしっかりつかめた」

2017年09月09日 20:16 by akanuma_keiko

【写真】練習後のファンサービスを終え、更衣室へと歩いていたルイス オヘーダ。

●ルイス オヘーダ選手:
Q:前節(第31節・東京V戦)は惜しくも2-2の引き分けという結果になってしまいましたが、改めて試合を振り返ってみていかがですか。
「ホームゲームだったし、勝点3が欲しかったという印象のゲームです。追加点をもっと取れるチャンスもあったと思うし、残念ながらそれを決めきれなかったですけど」

Q:2失点目の場面はやはり(DFとの)連係がもっと必要だった部分がちょっとあったのでしょうか。
「自分のクリアももう少し高く、遠くにできればというところもありましたし、それ(クリアボール)が相手に直接当たってしまって、それが相手のシュートにつながってしまったので、そのクリアをもう少ししっかりやっておけばというところですね。コミュニケーションのところは問題なかったと思います。自分の声も彼ら(近藤直也選手と若狭大志選手)は聞いてくれていたと思いますし、それによって自分にクリアをさせようとするところも見られましたから。まあ、自分のクリアのプレーの質の問題だと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

近藤直也選手「この新チームでまず90分、公式戦のような試合をどういうふうにやれるかっていうところを確認したい」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

増嶋竜也選手「徐々に、徐々に、迷いながらっていうよりかはスムーズに動いてきているのかなという感じがします」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

矢田旭選手「しっかりチャレンジャーとして挑んでいきたい」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)