ジェフ便り

【J2第8節千葉vs町田】試合レポート「複数の決定機を決めきれずに敗色濃厚も町田の隙を突いた土壇場の同点弾で引き分け」

オナイウ阿道選手「1人目がニアサイドに入って行くというのはチームでずっと言ってきたこと」

2016年04月17日 23:22 by akanuma_keiko
●オナイウ阿道選手:
Q:劇的なゴールシーンでしたが、そのシーンを振り返ってください。
「アベショーさん(阿部翔平選手)にボールが渡った時にニアサイドに走って行けば(クロスが)来るかなと思ったので走って行ったら、いいボールが来たのでうまくゴールマウスのほうに(ヘディングシュートで)飛ばすことができたかなと思います。1人目がニアサイドに入って行くというのはチームでずっと言ってきたことなので、まずニアサイドに行ったらいいボールが来ました。少し下がりながらのヘディングシュートだったので、うまくゴールの方向に飛べばいいかなという感覚で(ボールを)頭に当てました」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)