ジェフ便り

【J2第8節千葉vs町田】試合レポート「複数の決定機を決めきれずに敗色濃厚も町田の隙を突いた土壇場の同点弾で引き分け」

試合プレビュー「町田のコンパクトな守備を崩す工夫のある攻撃で先制点を奪い、隙を作らずに守りたい」

2016年04月16日 15:51 by akanuma_keiko
特に前半は攻守がうまく機能せず、1-2で敗れた第6節・C大阪戦の反省を踏まえて臨んだ前節(第7節)・金沢戦。千葉は第2節以来のスタメンとなった井出遥也が小池純輝に代わって右サイドハーフに入り、左サイドハーフの長澤和輝とともに流動的なポジショニングで攻撃を活性化させた。また、第6節で負傷交代した山本真希に代わってダブルボランチの一角には開幕戦以来のスタメンとなる富澤清太郎が入ったが、前後の動きを含めたアランダとの連係は開幕戦よりもよくなり、45分にはチームを1-0の勝利に導く決勝ゴールをゲットした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

鳥海晃司選手「アカデミー出身としてこのクラブのためにやって行かないといけない。監督に(前半で交代)そういう選択をさせないようなプレーをしなければいけない」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)