ジェフ便り

【J2第8節千葉vs町田】試合レポート「複数の決定機を決めきれずに敗色濃厚も町田の隙を突いた土壇場の同点弾で引き分け」

アランダ選手「少し気の緩んだところから先制点を相手に取られたところは悔やまれる」北爪健吾選手「逆転できるチャンスもあったと思う」

2016年04月17日 23:26 by akanuma_keiko
●アランダ選手:
「試合前から相手の2トップがプレスをかけてくることも、守備面でハードワークしてくることもわかっていたので準備はしていました。少し気の緩んだところから先制点を相手に取られたところは悔やまれます」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

高橋壱晟選手「まずは勝てたことが何よりも良かったです」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

川又堅碁選手「いろいろと感慨深いゴールでした」

【水戸vs千葉】レポート:前線からのプレスと守備ブロックが機能し、決定機を確実にモノにして3-0で勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)