ジェフ便り

【J2第8節千葉vs町田】試合レポート「複数の決定機を決めきれずに敗色濃厚も町田の隙を突いた土壇場の同点弾で引き分け」

試合レポート:複数の決定機を決めきれずに敗色濃厚も町田の隙を突いた土壇場の同点弾で引き分け。

2016年04月18日 14:42 by akanuma_keiko
日本海側からの低気圧の急速な発達によって、フクアリ周辺でも最大風速が35メートルを超え、強風を通り越して暴風が吹き荒れた中での一戦。JR京葉線をはじめ鉄道各社で一時は運転見合わせ、そして一部運休やダイヤの遅れが発生した状況下でも千葉と町田のサポーターがフクアリに集まった。町田にとっては6連勝がかかった試合。町田が初めてJ2で戦った2012年シーズンは、町田ホームの第14節は千葉が6-1と大勝したが、千葉ホームの第28節は町田が1-0で勝ち、今節はその町田の勝ち試合の再現になるかと思われたが、千葉が土壇場でのオナイウ阿道の今季初ゴールで1-1の引き分けに持ち込んだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

鳥海晃司選手「アカデミー出身としてこのクラブのためにやって行かないといけない。監督に(前半で交代)そういう選択をさせないようなプレーをしなければいけない」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)