ジェフ便り

【J2第7節千葉vs金沢】試合レポート「ポジショニングと距離間のよさで攻撃に連動性が出て得た勝利にも決定力の課題が残る」

長澤和輝選手「ゴールに向かって自分たちが目の前のプレーに集中して得点できるように必死にやっていました」

2016年04月09日 20:39 by akanuma_keiko
●長澤和輝選手:
Q:富澤清太郎選手のゴールのアシストになったパスの場面について教えてください。
「一回シュートを打とうと思ったんですけど、2人ぐらい相手選手がいてちょっとシュートコースがないなと思って、一回判断を変えてターンしたところに富澤選手がペナルティエリアの入り口のところで待っていてくれたので。シュートが打てるように軽めにパスを出したら、富澤選手はあのペナルティエリアの外の位置からのシュートはすごく能力がある選手なので、決めてくれてよかったです」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)