ジェフ便り

【J2第7節千葉vs金沢】試合レポート「ポジショニングと距離間のよさで攻撃に連動性が出て得た勝利にも決定力の課題が残る」

【試合プレビュー】金沢が強みを見せるセットプレーの攻防と千葉が攻撃をフィニッシュで終われるかがカギ

2016年04月08日 19:50 by akanuma_keiko

第5節終了時で首位の熊本と同勝点で2位のC大阪と対戦した前節(第6節)で、前半の千葉は攻守ともにC大阪に主導権を握られた。攻めてもミスやC大阪の守備でパスがつながらない場面が目立ち、守備では前からのプレスが機能せずに押し込まれた。失点はセットプレーからで流れの中からではなく、関塚隆監督は柿谷曜一朗をはじめC大阪の代表クラスの選手が多いことから「それを全部抑えこもうということ自体難しいですから。ただ、要所、要所では抑えられたというところを見なきゃいけない」と話し、攻撃がフィニッシュで終われなかったことが守備に影響したと語った。また、佐藤優也は前節の前半について「俺は逆に自分たちがやらせているという見方をしていて、その中で(新外国籍選手などに)どういう特徴があってというのをゲームをしながら見ていた感じだった」そうで、前半に得たデータを生かして後半の修正を図るつもりだったと話した。

だが、相手がタレント揃いだったり、見たことがない外国籍選手でプレーの情報がなかったりして、それを抑えこむのは難しいから仕方がないと判断してハーフタイムでの修正を待っていたら、後半に相手がやり方を変えてきたらまた後手を踏んでしまう。試合中に改善ポイントを探り、修正を図っていく守備の構築をやっていかなければ、勝っていくことなどできないと思われる。また、セットプレーからの失点に関して関塚監督は「ちょっとミスマッチが多かった」と話し、ちょうどセットプレーの守備を今季やってきたゾーンではなくマンマークを考えて変化を与えようかとコーチ陣と話しながら、「今までやってきたもので踏襲していこう」と判断したことを明かした。今節で対戦する金沢は2分4敗と今季はまだ勝利がなく、1試合平均のシュート数は少ないものの枠内シュート率は高いほうで、セットプレーからの得点が目立つ。今節は千葉のセットプレーでの守備、そして試合を通しての守備の修正力が改めて問われる一戦といえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs徳島】プレビュー:攻守に献身的な姿勢で粘り強く戦い、連動して相手の裏を取る攻撃でゴールを狙う

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)