ジェフ便り

【J2第7節千葉vs金沢】試合レポート「ポジショニングと距離間のよさで攻撃に連動性が出て得た勝利にも決定力の課題が残る」

富澤清太郎選手「千葉サポーターの方へ攻めている時に入れられたというのはうれしい」

2016年04月09日 20:29 by akanuma_keiko
●富澤清太郎選手:
Q:今季初ゴール、そして千葉加入後初ゴールについて振り返ってください。
「なかなかゴールが取れなかったんですけど、そういうことが頭からなくなった時にこうやってボールが来るのかな、取れるのかなと思いました。あんな感じの形をユナパで練習していたので、(長澤)和輝が優しく(ボールを)落としてくれたので、いい感じに蹴れました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

小田逸稀選手「ホームでずーっと勝てていなかったので、サポーターの皆さんと喜びを分かち合えたことはすごく嬉しかったです」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

サウダーニャ選手「(フクアリでのゴールは)非常に気持ちよかったですし、サポーターの方々の笑顔が見られたことをさらに嬉しく思っています」

【千葉vs岡山】レポート:今季初の複数得点でホーム初勝利と攻撃は好調も、2失点した守備に複数の課題が残る

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)