ジェフ便り

【スタジアムからの便り】天皇杯1回戦:東京国際大学戦

試合レポート:攻守に問題点はあったが、スタメン出場に奮起した選手の活躍で3-0と勝ちきる。

2015年08月30日 15:36 by akanuma_keiko
週中の開催ではなく1週間に1試合のペースで開催された天皇杯1回戦で、関塚隆監督はどのようなスタメンを組み、勝ちに行くのか。それが注目ポイントの1つだったが、J2リーグ第30節・横浜FC戦とこの試合の両方でスタメンだったのは、キム ヒョヌンと佐藤健太郎だけだった。そのキム ヒョヌンとセンターバックのコンビを組んだのは栗山直樹で、佐藤健とダブルボランチを組んだのは田代真一。さらに、GKは岡本昌弘、右サイドバックは大岩一貴、左サイドバックは北爪健吾、右サイドハーフは水野晃樹、左サイドハーフは町田也真人、2トップは森本貴幸と安柄俊というスタメンだった。一方、東京国際大学は彩の国カップ・埼玉県サッカー選手権大会決勝のスタメンからの変更は、1年生の室井悠斗に代えて2年生の田山栄次のみ。田山は足の負傷で彩の国カップ・埼玉県サッカー選手権大会はメンバー外だったが、この試合は左サイドハーフで起用された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)