ジェフ便り

【スタジアムからの便り】天皇杯1回戦:東京国際大学戦

試合プレビュー:ボールを動かして堅守速攻の相手の守備ブロックを崩し、カウンター攻撃を防ぎたい。

2015年08月28日 14:02 by akanuma_keiko

8月22日のJ2リーグ第30節・横浜FC戦は、特に前半は相手の出足の鋭いプレス、千葉のディフェンスラインの背後をロングボールで、あるいはパスをつなぎながら速い攻めで狙う攻撃に苦戦した千葉。後半は選手交代で谷澤達也、森本貴幸が入ったことで前線に起点ができ、流れを変えて反撃すると90+5分、中村太亮のCKから松田力がヘディングシュートで決勝ゴールをゲット。横浜FCは88分にパク テホンが警告2回で退場処分となり、数的不利になって前述のCKの場面ではマークが曖昧になったことが、結果的に千葉に好影響を与えたといえる。だが、横浜FCが素早く帰陣して守備ブロックを作っていたとはいえ、例えば8月20日の練習では速い攻守の切り替えを重点的に練習していたにもかかわらず、千葉が効果的なカウンター攻撃を仕掛けられたのは86分の場面だけだった。

その点について佐藤勇人は「うちはカウンター攻撃になった時に前に出て行くパワーというのがまだまだやっぱり少ないというか、弱いと思う。そこはチームとしてチャンスの時にいかにパワーを使えるかということをもっと意識して、選手一人ひとりもそこでパワーを出しきれるように意識することが必要だと思う」と話した。さらに、しっかりとした守備ブロックを築く相手を崩すには「止まった状態でボールの出しどころを探すのではなくて、とにかくボールを動かすことが大事。それに合わせてうちのFWが動けば相手の守備陣は動いているボールと動いているFWを見なければならないから、相手の守備ブロックにはギャップや隙が生まれてくると思う」と改善すべきプレーを指摘した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)