ジェフ便り

【スタジアムからの便り】天皇杯1回戦:東京国際大学戦

田代真一選手コメント「焦れずにチームとして我慢強く試合を運べた」

2015年08月29日 21:57 by akanuma_keiko

●田代真一選手:

Q:今日は守備でも攻撃でもよくこぼれ球を拾ってリンクマンのようにボールをつないでいた印象がありますが、そこは狙っていたところですか。

「セカンドボールはリーグ戦でも最近相手に拾われるシーンが多いので、そこは自分でも意識していたし、それは(関塚隆)監督がチームに求めていることなので、そう見えたらよかったかな。でも、自分ではそんな感覚はないです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)