ジェフ便り

【スタジアムからの便り】天皇杯1回戦:東京国際大学戦

安柄俊選手コメント「正直、ホッとしたというのはあります」

2015年08月29日 21:52 by akanuma_keiko

●安柄俊選手:

Q:今日は2ゴールという結果を出しましたが、安心感みたいなものはありますか。

「正直、ホッとしたというのはあります。ここから、まだまだJ2リーグ戦も10試合以上続いていきますし、J1昇格に向けてどんどん佳境に入ってくるので、天皇杯ももちろん続く中でしっかりと切り替えて次の試合のことを考えたいと思います。僕は次の試合は北朝鮮代表戦ですけど、そこは別に考えて、千葉でしっかり1試合、1試合結果を残してチームの勝利に貢献したいです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【熊本vs千葉】プレビュー:熊本の流動的な攻撃に対して粘り強く守り、マンマークをかわして積極的に得点を狙う

【熊本vs千葉】レポート:決定機が連続した時間帯に先制できず、試合終了間際のセットプレーでの得点で引き分け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

【千葉vs秋田】レポート:優位に戦えた時間帯は長くても堅守を崩しきれず、ワンチャンスを決められて無得点負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)