ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

2022年09月20日 12:38 by akanuma_keiko
2022年09月20日 12:38 by akanuma_keiko

千葉にとって痛恨の敗戦となった。公式記録のシュート数は千葉が10本に対して、山形は6本。そして、山形の決定機数は2得点の場面くらいだったが、千葉には4回あった。だが、千葉は無得点に終わり、『勝たなければならない試合』で、今季の最大の課題といえる決定力不足を露呈。さらに、ボールを持って攻めた時間帯でフィニッシュに持ち込む形の細部の工夫を欠いた感があった。千葉の前線の選手の長身を生かそうとする、スピードが緩めのハイボールのクロスが多かったが、そのクロスの入れ方はアーリークロスがほとんどで、それは山形のGKの後藤雅明とDF陣にとっては守りやすい形だった。これは今季の千葉のクロスの傾向であり、相手が嫌がる攻撃ということを考えると改善すべき点であることは間違いない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs熊本】プレビュー:千葉サポーターの声援を攻守のパワーに変え、粘り強い守備と工夫のある攻撃をしたい

【千葉vs熊本】プレビュー:千葉サポーターの声援を攻守のパワーに変え、粘り強い守備と工夫のある攻撃をしたい

【山形vs千葉】プレビュー:流動的なポジションでのパスワークに対応し、カウンター攻撃を生かして3連勝を狙う

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【岩手vs千葉】レポート:岩手に多くの決定機を作られるも1失点で、試合内容は悪くとも2点を取って競り勝つ

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)