ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】プレビュー:流動的なポジションでのパスワークに対応し、カウンター攻撃を生かして3連勝を狙う

2022年09月18日 12:02 by akanuma_keiko
2022年09月18日 12:02 by akanuma_keiko

 

『勝たなければならない試合』が続く千葉は、今季の開幕戦で0-1と敗れた岩手と対戦した前節(第36節)で2-1と勝ちきった。4分と早い時間に櫻川ソロモンがPKを決めて先制したが、その後はボールの保持率では千葉がやや上回ったものの、決定機数は岩手のほうが多いという苦しい展開となった。31分には岩手のカウンター攻撃を受け、クロスを予想して警戒する新井章太のポジショニングを見たモレラトが、新井章の体とゴールポストの隙間を狙ってシュートを決め、前半のうちに同点とした。千葉の選手は気落ちしなかったというわけではなかったが、そこで一気に崩れることはなかった。後半にはセットプレーで何度も岩手の甲斐健太郎にヘディングシュートを許し、モレラトのオフサイドがなければ逆転されていたというシーンもあった。そんなピンチが多く、苦しい状況下の79分、田口泰士が見木友哉とのワンツーパスをスイッチに連動した攻撃を仕掛ける。櫻川の落としを受けた西久保駿介のクロスに、攻撃のスイッチを入れた田口が頭で合わせ、勝ち越しゲールをゲット。岩手の反撃を抑えて2-1で勝ち、今季2度目の連勝となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【岩手vs千葉】レポート:岩手に多くの決定機を作られるも1失点で、試合内容は悪くとも2点を取って競り勝つ

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)