ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

高木俊幸選手「割り切った戦い方をして、しっかり少ないチャンスでも仕留めて勝つというふうにできればいい」

2022年09月16日 19:07 by akanuma_keiko
2022年09月16日 19:07 by akanuma_keiko

写真=2022年1月10日撮影(クラブ提供)

●高木俊幸選手:


Q:前節(第36節)の岩手戦について振り返っていただきたいのですが、残念ながらあそこまで岩手に押されるという感じは試合前にはなかったのですが、チームとして、個人としてはどのように捉えていますか。
「おっしゃるとおり、相手のやり方にハマる展開が多くて、勝ったゲームではありますけど、どうしても内容的にはなかなかうまくいかない試合だったなという感じはありますね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

【熊本戦直前レポート】熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合で、アウェイ2試合目なので、選手たちも体力的にけっこう疲れていると思うんですけど、でも、積極的にいきたい気持ちはあります」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

田邉秀斗選手「どんな勝ち方でもいいので6位以内には入りたい」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)