ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:先に作った複数の決定機をモノにできず、『1点』が取れずに『1点』を失った敗戦

尹晶煥監督「長崎は一人ひとりの能力が高い選手が多いので油断せずに、本当に選手たちが統一感を持ってやらないといけない。そういう試合になるんじゃないかなと思います」

2022年09月02日 18:13 by akanuma_keiko
2022年09月02日 18:13 by akanuma_keiko

写真=2022年8月16日撮影(クラブ提供)

●尹晶煥監督:

Q:前節(第33節)の仙台戦は久々の勝利で、(仙台が第32節終了時点で3位と)上位相手に大きな勝点3獲得となりました。改めて試合を振り返って良かった点はいかがですか。

「一番良かったのは、90分間集中して積極的にプレーしたことだと思います」

Q:その中でも、試合後の記者会見で尹監督もおっしゃっていましたが、前から(守備に)行く姿勢が取り戻されて、それが主導権をうまく握る力になったと思ったのですが、どのあたりが選手を前から行かせる、いいきっかけになったと思われますか。

「『前から行こう』という話はしていたんですけど、けっこうファウルが多くて、自陣でプレーする時間が前半は特に多くなってしまったところはありました。でも、前から行こうとして、(ボールを)奪ってからカウンター攻撃とか、そこもうまくできたと思いますし、相手の背後のところも狙いながら、そこからの守備もやれていたので、それが良かったなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

【熊本戦直前レポート】熊谷アンドリュー選手「(フクアリでの声出し応援は)やっぱり久しぶりなので、気持ちも入ると思うので、全力で試合に挑みたいと思っています」

尹晶煥監督「3連戦の最後の試合で、アウェイ2試合目なので、選手たちも体力的にけっこう疲れていると思うんですけど、でも、積極的にいきたい気持ちはあります」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

田邉秀斗選手「どんな勝ち方でもいいので6位以内には入りたい」

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)