ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:先に作った複数の決定機をモノにできず、『1点』が取れずに『1点』を失った敗戦

【千葉vs長崎】レポート:先に作った複数の決定機をモノにできず、『1点』が取れずに『1点』を失った敗戦

2022年09月06日 11:00 by akanuma_keiko
2022年09月06日 11:00 by akanuma_keiko

千葉にとっては『1点』が遠く、『1点』に泣いた敗戦となった。新型コロナウイルス感染症の陽性判定者が続出し、第32節・金沢戦と第33節・栃木戦が中止となった長崎を相手に、前半は千葉がペースをつかんだ時間帯が多く感じられた。だが、シーズン終盤となっても依然として課題となっている攻撃の連係、選手個々のプレーの選択の問題もあって、決定機を思うように作れない。後半は、試合開催が久しぶりだったり、今節がJ初出場や初スタメンだったりという長崎の選手たちが、試合勘を取り戻したり、J2リーグ戦の感覚に慣れたりしてきた長崎が反撃。それでも、長崎も決して多くの決定機を作れたわけではなかったが、ここぞというところで『1点』をもぎ取った。そして、それこそが近年の千葉に欠けているものだった。複数得点&無失点で勝つ試合もあるが、ここで『1点』を取ればというところで取れず、引き分けに終わったり、負けたりする試合が少なくない。そして、そういうチームはやはりJ1に昇格することはできない。もちろんまだJ1昇格の可能性は残っているが、千葉の力不足を痛感させられ、J1参入プレーオフ進出を狙うライバルの長崎に勝点3を献上した、非常に悔やまれる敗戦となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】プレビュー:流動的なポジションでのパスワークに対応し、カウンター攻撃を生かして3連勝を狙う

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【岩手vs千葉】レポート:岩手に多くの決定機を作られるも1失点で、試合内容は悪くとも2点を取って競り勝つ

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)