ジェフ便り

【千葉vs長崎】レポート:先に作った複数の決定機をモノにできず、『1点』が取れずに『1点』を失った敗戦

新井一耀選手「チャンスを決めきれないとピンチが来るのがサッカーなので。1本で試合が変わっちゃうので本当にもったいないなと思います」見木友哉選手「チームで崩すことが難しい時に、個人で打開するところはもっと見せていかないといけない」

2022年09月04日 19:56 by akanuma_keiko
2022年09月04日 19:56 by akanuma_keiko

●新井一耀選手:

Q:今日はあの失点シーンの1本のパスを通されたのが、本当に悔やまれると思います。あそこ以外はある程度、しっかりと守れていただけに。

「そうですね。チャンスを決めきれないとやっぱりああいうふうにピンチというか、そういうものが来るのがサッカーなので。あそこで自分たちが点が取れそうだなというような浮ついた気持ちというか、そういう気持ちになった時にやっぱり隙って生まれるものだと思います。そういうところはやっぱり後ろの選手も含めてリスク管理のところもそうですし、そういうところの1本のところで試合が変わっちゃうので、そういうところが本当にもったいないなと思います」

Q:前半は互いに球際で激しく攻め合う中でも、千葉のほうがやりたい攻撃ができていたように思うのですが。

「そうですね。本当に90分間、別にどれが悪かったというのはないと思うんですけども、本当に最後のところの質もやっぱりそうですし、決めきるというところもそうですし、数少ないピンチというか、そういうところでしっかりと弾くということが大事だと思います。それが今日はなかなかハマらなかったというか、本当に悪い内容じゃなかっただけに悔しいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【山形vs千葉】プレビュー:流動的なポジションでのパスワークに対応し、カウンター攻撃を生かして3連勝を狙う

【山形vs千葉】レポート:優位に戦えた時間の決定機を決めきれず、山形に少ない決定機を決められて0-2の敗戦

【岩手vs千葉】レポート:岩手に多くの決定機を作られるも1失点で、試合内容は悪くとも2点を取って競り勝つ

【岩手vs千葉】プレビュー:岩手のセットプレーとカウンター攻撃に対応し、チャンスに決めきって勝点3獲得を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)