ジェフ便り

【大宮 vs千葉】レポート:『個』と連係のミスで与えた決定機を決められ、チャレンジの少ない攻撃で1-2の敗戦

【大宮 vs千葉】レポート:『個』と連係のミスで与えた決定機を決められ、チャレンジの少ない攻撃で1-2の敗戦

2022年04月18日 11:29 by akanuma_keiko

第7節・新潟戦は試合を通しての攻守の頑張りが後半のアディショナルタイムでの鈴木大輔の劇的なゴールで報われる勝利となり、第8節・町田戦と第9節・横浜FC戦はいずれも試合内容で相手を上回りながら、決定力不足とクロス対応のまずさで2試合連続の引き分けとなった。だが、前述の3試合の相手が上位チームで、今節の相手が今季未勝利で最下位の大宮だったことの影響が多少なりともあったにせよ、1-2の敗戦という結果だけでなく、試合内容も前述の3試合と比べると攻守ともに出来が悪かった。千葉が試合を通して実践すべき攻守で『前へ』のプレーを今節で体現していたのは、対戦相手の大宮のほうだった。千葉はボールを保持していても、自らのシュートで得点しようとするアグレッシブなプレーが少なく、大宮の守備陣が嫌がるプレーがあまりできていなかった。そうであれば流れの中から決定機を作るのは難しく、実際にボールの保持率から考えると決定機的な得点チャンスは3回と少なく、依然として千葉には攻撃の課題が残っている。また、守備ではより前でボールを奪う意識は見られたものの、マイボールの時の集中力の欠如によるミスが2失点につながり、隙を見せない守備をやりきれなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)