ジェフ便り

【大宮 vs千葉】レポート:『個』と連係のミスで与えた決定機を決められ、チャレンジの少ない攻撃で1-2の敗戦

【大宮vs千葉】プレビュー:今季未勝利の大宮に勝つには精神的タフさ、クロス対応と決定力の課題のクリアが必要

2022年04月16日 10:32 by akanuma_keiko

第8節終了時で7勝1分と圧倒的な強さで首位に立つ横浜FCと対戦した前節(第9節)の千葉は、戦前の予想以上に前からのプレスがハマり、立ち上がりから主導権を握った。ボールを保持して複数の決定機を作ったものの、それを決めきれないでいる前半の終了間際の43分、横浜FCにワンチャンスを確実にモノにされて失点。得点した小川航基は、第8節終了時点で7得点と絶好調でJ2リーグ得点ランキングトップと、最も警戒すべきストライカーだった。だが、寄せの甘さから彼をターゲットにしたクロスボールを長谷川竜也に上げさせてしまい、小川にはチャン ミンギュと鈴木大輔の間にうまくポジションをとられ、マークしきれずにヘディングシュートを許した。後半もペースをつかんで攻めたのは千葉だったが、課題の決定力不足を露呈して『1点』が遠かった。内容では横浜FCを上回りながらも敗色濃厚となった90+5分、セットプレーの流れではなかったものの、交代出場の末吉塁のクロスボールをヘディングで折り返したのはチャン ミンギュで、その折り返しからヘディングシュートを決めたのは新井一耀。劇的な同点ゴールで千葉が1-1の引き分けに持ちこんだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)