ジェフ便り

【大宮 vs千葉】レポート:『個』と連係のミスで与えた決定機を決められ、チャレンジの少ない攻撃で1-2の敗戦

尹晶煥監督「最下位のチームに弱いというところもあったので、今週は精神的なところを選手たちに伝えています」

2022年04月16日 10:12 by akanuma_keiko

写真=2022年3月12日撮影(クラブ提供)

●尹晶煥監督:

Q:前節(第9節)の横浜FC戦は、内容ですごくいいサッカーをしながら、先に一発のチャンスを決められて点を奪われ、先制されましたが、何とか追いついて同点という結果でした。改めてどのように振り返りますか。

「本当に内容も良くなってきていますけど、一発でやられることは修正していかないといけないし、そういうところは本当にもったいないところで、あとはチャンスに決めきれないところがありました。クロス(ボール)とかに対して、ソロ(櫻川ソロモン)とか前にいる選手たちがもっと飛び込んでいったほうがいいんじゃないかなというシーンが何シーンかあったので。そういうところにもっとうまく入っていってゴールまで決めていれば、本当にパーフェクトな試合になったんじゃないかなと思いますけど。でも、まあ、最後まで本当に落ち着いて、ああいうふうに得点して引き分けになったというところは、選手たちにとってはプラスになっているので、まあ、残念ですけど、ポジティブに考える必要があるかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「やってきたことを本当に90分間続けるかどうかではないでしょうか」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

櫻川ソロモン選手「攻守においてみんなでもっと統一感を持つというか、攻撃の時も守備の時も自分たちでコンセプトを持って、それを統一してやるように練習からやっています」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

田口泰士選手「もっともっとチームの勝点3に貢献したいですし、目に見える結果、得点やアシストももっとこだわってやっていきたい」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)