ジェフ便り

【千葉vs長崎】試合後の選手コメント(新井一耀選手、船山貴之選手)

【千葉vs長崎】レポート:粘り強く守るもカウンター攻撃で失点し、セットプレーの決定機はGKに防がれて敗戦

2020年11月22日 18:40 by akanuma_keiko

第32節・山形戦での1-5の大敗のあと、第33節・松本戦では3-2と今季初の逆転勝利、そして前節(第34節・新潟戦)では2-0と第28節・金沢戦以来の無失点勝利で、やるべき攻守を取り戻した感のあった千葉。今節は、3位でJ1昇格争い真っ只中の長崎を相手に、第28節以来のホームゲームでの勝利が期待されたが、その期待に応えることはできずに0-1の敗戦となった。だが、スコアは0-2だったものの攻守ともにミスが多く、いいところをほとんど見せられずに0-2で敗れた前回対戦(第13節)とは違い、千葉は特に守備面で成長したところを見せた。そして、攻撃面では前半に相手を上回る複数の決定機を作ったが、長崎のGKの徳重健太の好守もあって無得点に終わった。決して勝てない試合ではなかったが、引き分けにもできずに敗れたところに、千葉の未熟さが表われていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

クレーベ選手「自分たちはこの戦い方でしっかりとやっていけば、自ずといい結果がついてくるものだと思っています」

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)