ジェフ便り

【千葉vs長崎】試合後の選手コメント(新井一耀選手、船山貴之選手)

【千葉vs長崎】プレビュー:J1昇格の可能性が消滅したからこそ、シンプルにフクアリで勝つ姿を見せてほしい一戦

2020年11月20日 18:43 by akanuma_keiko

 

今季2度目の1-5という大敗を喫した第32節・山形戦を経て迎えた第33節・松本戦で、千葉は3-2と今季初の逆転勝利を収めた。堀米勇輝のFKからのゲリアのヘディングシュート、そして堀米の直接FKで2-1とひっくり返したあとに同点に追いつかれたが、負傷箇所が回復して交代出場した川又堅碁が後半のアディショナルタイムに決勝ゴールをゲットした。続く前節(第34節)の新潟戦は、松本戦では巧みなポジショニングで攻撃の組み立てに関わり、ゲームをコントロールしていた工藤浩平が欠場したこともあり、松本戦と同じようには攻めることができなかった。だが、互いに決定機どころかシュートもほとんど打てなかった前半から一転して、攻め合う展開となった後半に千葉はアラン ピニェイロの今季初ゴールで先制。交代出場した米倉恒貴の見事なスルーパスからクレーベが追加点を奪い、千葉は2-0と第28節・金沢戦以来の無失点勝利を収めた。

だが、第33節終了時点で千葉とは勝点差26で2位の福岡が第34節で勝ったことで、千葉のJ1昇格の可能性は8試合を残して完全に消滅した。連勝によるチームの雰囲気の好転はあるにしても、今季の目標が達成できないことが決定しただけに、モチベーションには難しいものがあるだろう。だが、どんな状況下でも応援してくれているサポーターやファンに報いることができる最大のものは、勝利による歓喜であることは間違いない。ましてや今季の千葉はホームでの勝率が非常に悪いだけに、その流れを大きく変える快勝をフクアリで見せたいところだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

クレーベ選手「自分たちはこの戦い方でしっかりとやっていけば、自ずといい結果がついてくるものだと思っています」

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)