ジェフ便り

【千葉vs長崎】試合後の選手コメント(新井一耀選手、船山貴之選手)

新井一耀選手「失点のところはやっぱり甘さがちょっと出たというか、勢いでやってしまった部分がある」

2020年11月22日 18:05 by akanuma_keiko

●新井一耀選手:

Q:今日は悔しい敗戦になりましたが、改めて守備の選手の視点から今日の試合を振り返っていただけますか。

「(試合の)入りから(長崎に)ボールは持たれていましたけど、組織的に守備ができていて、決定的なピンチもそんなになかったし、狙っていたところでボランチの選手がクサビ(のボール)を奪ったり、サイドで(うまく守備を)ハメたりして、そこからのカウンター攻撃が出ていたので、すごくいい入りができたと思います。失点のところはやっぱり甘さがちょっと出たというか、まあ、勢いでやってしまった部分があるので、そういう詰めの甘さが出てしまった試合だったかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【千葉vs磐田】プレビュー:磐田のキープレーヤーの遠藤保仁を警戒し、カウンター攻撃とセットプレーで得点を狙う

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

クレーベ選手「自分たちはこの戦い方でしっかりとやっていけば、自ずといい結果がついてくるものだと思っています」

【山口vs千葉】レポート:攻撃面は好材料となる変化が得点を生み、守備では課題を残したものの2-1で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)