ジェフ便り

【徳島vs千葉】レポート:PKの得点で先制も攻守の細部のミスが多く、主導権を握れずに何とか引き分ける

船山貴之選手「徳島戦は前半戦の最後ということで後半戦に向けてしっかり臨みたい」

2019年07月06日 18:30 by akanuma_keiko

写真撮影:6月12日

○船山貴之選手

Q:少し前の話になってしまって申し訳ないのですが、(J2リーグ第20節)町田戦のあとに私は船山選手にお話を聞けていないので。町田戦は、前半はちょっと狙いどおりの形ができなかったですが、後半は修正して、船山選手のゴールもチームとして狙っていた、逆サイドに展開してからの形でいい形ができたと思います。そのあたりについてはどうですか。
「厳しいことを言うようだけど、自分も含めてなんですが、チームがやろうとすることをやりきれなかったりする選手がピッチの中に1人でもいると、試合はうまく回らないと思います。そういうところで少し甘いところがあるというか、そういうものを無くしていかないと、今の状況というのは変えられないのかなというふうに思います。やろうとしてミスをする分にはいいと思うんですけど、やり切って何かを変えてやろうということができないのはよくないかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【無料掲載】11/13練習の様子(6枚)

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

【京都戦直前レポート】攻撃は『大外』と『裏』を忘れずに意識して狙い、2度追いも入れながらタイトに守る

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

堀米勇輝選手「次は最後のところで決める。それだけです」

【京都vs千葉】レポート:フィニッシュの精度とアイデアの不足で得点できず、終盤に隙を突かれた失点で敗れる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)