ジェフ便り

【徳島vs千葉】レポート:PKの得点で先制も攻守の細部のミスが多く、主導権を握れずに何とか引き分ける

安田理大選手「全員が意識を高く持ってやっているのはすごくいいと思う」

2019年07月06日 18:33 by akanuma_keiko

○安田理大選手

Q:今さらのお話になってしまいますが、J2リーグ戦に(第20節・町田戦で)出場されて、天皇杯(2回戦・岡山戦)は途中からでしたが、そちらにも出場されました、どちらの試合も結果的には悔しいものになってしまったのですが、試合に出てみて、安田選手の中で攻撃や守備でこういうふうにしていったらいいんじゃないかと、選手の立場から個人的に思うことはどんなことですか。
「みんなとはトレーニングで一緒にやっていますから、みんなも課題はわかっていると思うし、見ている人が『ここをもうちょっとこうしたらいい』と思っていることはたぶん俺らも感じていることやから、まあ、そのままだと思いますけど。個人的には、試合に(前に出てから)半年ぶり以上に出てよかったですし、初戦からもっとインパクトを残せればよかったんですけど、それができなかったからもう1回トレーニングで頑張るだけです。チームがどうこうというよりも、個人でもっと何とかできたらよかったなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【無料掲載】11/7練習の様子(6枚)

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【東京V戦直前レポート】効果的な『動き出し』とダイアゴナルランを使い、タイトな守備を徹底して失点を阻止

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

下平匠選手「残り3試合で1つでも多く勝つということしか考えてない」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)