ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:決定機はGKの再三の好守に阻まれ、課題のカウンター攻撃からの失点で初戦敗退

【千葉vs岡山】プレビュー:互いにスタメン予想が難しい一戦で、千葉は今後も含めた『総力戦』で勝ちきりたい

2019年07月02日 18:46 by akanuma_keiko

スコアは0-2だったものの攻守ともにいいところがほとんどなかったJ2リーグ戦第19節・柏戦のショックを払拭する意味でも、J2リーグ戦の前節(第20節)・町田戦では勝利はもちろん内容のよさを求めていた千葉。だが、立ち上がりから町田の速くて厳しいプレスをかいくぐれず、町田は選手がボールサイドに寄る傾向があるため、シンプルに逆サイドのスペースを生かす攻撃を狙っていたものの、前半の30分過ぎまではその形の攻撃が見られなかった。また、失点にしても、イージーミスから相手に与えたCKで乾貴哉がマンマークしていた酒井隆介に先制点を許し、勝ち越しゴールは町田のキープレーヤーとして熊谷アンドリューがマンツーマン気味にマークしていたロメロ フランクに決められたもの。体を張って守りきらなければならない場面での甘さ、ボールに意識が行き過ぎずに相手選手の動きを見てマークする判断でミスが出て、失点を喫したことになる。

一矢を報いた形の船山貴之のゴールは、狙っていた『逆サイドへの展開』という形だった。クレーベが右サイド前方のスペースに出したパスを受けたゲリアが、ファーサイドに入って来ていた選手(船山、アラン ピニェイロ)の動きを見て出したクロスボールから生まれた。試合開始からその狙っていた形でまず攻め、相手がそこをケアしてきたのならば、また違うパターンで攻める。チームとしてやろうとしたことをまずやり、相手の対応に合わせて変化させる賢さや柔軟性を出すことができれば、決して勝てない試合ではなかった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)