ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:決定機はGKの再三の好守に阻まれ、課題のカウンター攻撃からの失点で初戦敗退

ベラスケス選手「少しでも監督にもっと認めてもらって、試合に出たいと思っています」

2019年07月04日 00:38 by akanuma_keiko

●ベラスケス選手:
Q:シーズン当初に負傷があって出遅れたところがありましたし、その後のトレーニングやトレーニングゲームでも我慢しながらやってきて、ここでやっと出番のチャンスをつかんだと思います。記者席から見ていても、ベラスケス選手のよいところが出せていたと思うのですが。

「攻撃と守備をやりながらというところだったのですが、今日はどうしてもチームが勝ちたかったので、そこだけが問題ですね。前半はすごくよかったと思います。でも、前半が終わる頃に失点して、チームは1回、落ち込んだんですけど、そのあとに盛り返して、また自分たちのリズムになるかなと思ったら、また失点してしまってなかなかうまくいかない試合でした。相手よりも多く攻めて、たくさんシュートを打ったんですけど、結果につながりませんでした。これで天皇杯は終わりなのですが、もう切り替えて次のJ2リーグ戦の試合に向かって、1勝でも多く勝ってシーズンをいい状態で終われるように頑張ります」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)