ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:決定機はGKの再三の好守に阻まれ、課題のカウンター攻撃からの失点で初戦敗退

堀米勇輝選手「もう少しチームでどうしていくかというのをちゃんとハッキリしていかなきゃいけない」

2019年07月03日 22:54 by akanuma_keiko

●堀米勇輝選手:
Q:ボールを後ろでは握りながらもフィニッシュまではなかなか難しい展開でしたが、前半は特にどんなことを考えながらやっていましたか。
「我慢してポジションをとり続けるところと、もう少しバランスを崩して行ってもいいのかなと感じたところがあったんですけど、ベンチからはポジションを崩さずにとり続けて我慢しろという指示もあったので、そこは我慢しなきゃいけないところだというふうに思ってやっていました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs柏】レポート:メンタルの問題もあって攻守が消極的になり、内容はスコア以上に差があった完敗

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

鳥海晃司選手「アカデミー出身としてこのクラブのためにやって行かないといけない。監督に(前半で交代)そういう選択をさせないようなプレーをしなければいけない」

熊谷アンドリュー選手「1試合を通して自分たちのイージーなミスで、相手に主導権を握らせちゃったなと思っています」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)