ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:決定機はGKの再三の好守に阻まれ、課題のカウンター攻撃からの失点で初戦敗退

【千葉vs岡山】レポート:決定機はGKの再三の好守に阻まれ、課題のカウンター攻撃からの失点で初戦敗退

2019年07月04日 15:36 by akanuma_keiko



千葉にとっては天皇杯の初戦敗退という結果以上に厳しい試合内容となった。スコアが0−3ということで、攻守両面での課題が多いといえる。だが、無得点だったとはいえ、決定機を8回くらいは作り、岡山のGKの金山隼樹の再三のファインセーブに阻まれたことを考えれば、決定力不足の課題はあっても、攻撃面はそこまで深刻ではないだろう。攻撃面よりも深刻なのは、6月29日のJ2リーグ第20節・町田戦と同様に前半のうちにCKから失点し、その後はカウンター攻撃から失点とチームの失点パターンどおりに失点を重ねた守備面のほうだ。勝ちきるには得点が必要不可欠で、J1昇格争いに絡める位置まで順位を上げられていない千葉に得点力は重要だが、失点しなければ負けないという考えに立てば、今の千葉はあまりにもあっさりと失点してしまっている感がある。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【フォトレポート】佐藤勇人選手引退セレモニー

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

佐藤勇人選手「最後に勝つことを見せられなかった。そこが自分の中で一番悔しかった」

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)